頑張るお父さん介護士のサイト

少ない給料の介護士がお得な情報を実践して家族を養っていきます。お得情報募集中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

JCBWカードと楽天カードを比較する!

現在、使用しているクレジットカードをよりお得にする為に、新しくクレジットカードを作ることを検討していました。

今は、銀行が発行しているキャッシュカードとクレカが一体になっているものを使用しています。

クレカはJCBでしています。

JCBのクレジットカードを使用していると、okidokiポイントが貯まっていきます。

このポイントで、この夏に缶チューハイを1ケース頂くことが出来ました!

他の方のブログを見ていると、JCBから今のポイント還元率がかなりアップするカードが新しくでていることを知りました。

そこで私もよりお得になるように色々と動いてみました。

            ⬇

km19821016.hatenadiary.jp

結果、今より、お得にするには新たにクレジットカードを作らなければいけないということになってしまいました↘

けど、新しいクレジットカードを作ると、色々な手続きが必要となり手間がかかってしまいます。

クレカを作るのにも色々記入しなくてはいけなかったり、現在のクレカ払いを新しいものに変更しなくてはいけません。

いままでの私なら、手間がかかるということに抵抗があり、いつまでも先伸ばしにしていたでしょう。

けど、このブログがんばるお父さん介護士のサイトを書くようになって節約ということを意識し頑張るようになりました。

そこで、どうせ新しくカードを作らなくてはいけないのなら、他のクレジットカードも候補にいれて検討してみることにしました。

検討したクレジットカード

ネットの評判を見ていると、ポイントがつきやすいもの、お得なもので、おすすめしているカードが二種類ありました。

一つ目はJCBが発行している、JCBWカード

二つ目は楽天が発行している、楽天カードです。

今回はこの二種類で新しいクレジットカードを検討していきます。

それぞれのクレジットカードの年会費は?

クレジットカードには年会費がかかるものがあります。

まずは、そこからみていきましょう。

JCBW

年会費は無料!ありがたいですね。

家族カードも無料だそうです。(我が家はクレジットカードを複数持つことに抵抗があるので一枚しか持ちませんが…)

今なら期間限定ですが、家族カードを同時にネットで申し込むと2000円キャッシュバックがあるようです。

さらに、ETCカードも無料でいただけます。

楽天カード

楽天カードも年会費は無料。

二種類とも年会費は無料となっています。

楽天カードも家族カードまで無料となっています。夫婦で、家族でクレジットカードを使う場合はとても助かります。

しかし、楽天カードETCカードが有料になります。

楽天ETCカードは年会費540円かかります。(条件によっては無料になるようです。)

ただ注目すべき点は楽天カードを新規で契約すると5000ポイントもいただけます!

ポイントの還元率を比べてみる

クレジットカードを使用すると、それぞれポイントがつきます。

このポイントが今回、クレカを新しくしようとした動機であり、節約には欠かせないものでもあります。

どうせ、保険とか携帯代とか支払わなくてはいけないものがあればポイントがより多く付くものを選びたい…それが心情です。

JCBWのポイント

JCBのクレジットカードではokidokiポイントがつきます。

1000円毎に2ポイント付き、1ポイント5円ぐらいの価値となります。

私が今使っているJCBカードが1000円で1ポイントなので、倍になります。

しかも今なら新規会員特典として3ヶ月間はさらに2倍!

合計で4倍ものポイントが付きます!

楽天カード

楽天カードは100円毎に1ポイント付き、1ポイント1円ぐらいの価値。

これはJCBWとほぼ同じと考えてよいでしょう。

楽天ポイントのよいところは楽天カードを使える所が多く、あちこちでポイントを貯めることが出来ます。

また、新規登録で2000ポイント、カードを使用すれば、3000ポイントが今なら付きます!

ポイントの還元率も2枚ともほぼ同等かなと思います。

新規登録の特典として、倍率をとるか、ポイントをとるかっていうところでしょうか。

ポイントの使い道は

ポイントの還元率は同等。

では、ポイントはどのようなものに変換できるのか?そこをみていきましょう。

JCBWのokidokiポイント

JCBのポイントはokidokiポイントに変換されます。

このポイントは色々な商品に変更出来ます。夏にはチューハイをケースでいただきました。

さらに、okidoki ポイントはTポイントにも変換できます。

以前、Tポイントで商品を貰ったこともあるので、これもかなり美味しいです。

しかも、2019年、春からSBI証券でTポイントで株式投資が出来るようになるそうです。

これはかなりポイント高いです。

私のような中々投資にまわす資金がない者にとって、ポイントで少しでも投資にまわすことができることは有り難いです。

楽天カード楽天ポイント

楽天ポイントは比較的貯まりやすく、色々なサービスを行っている楽天で使用できます。

楽天のサービスの種類は多く、ネット通販から、旅行、証券、等々。

ポイントを使える幅が広いことが良いですね。

なかでも、個人的に楽天カードで気になっていたのが、ポイントで株式投資が出来るという点でした。

おまけの検討要素

ブログをされている人なら分かると思いますが、ブログにはアフィリエイトがあります。

そこでセルフバックというものがあり、自分で契約することで、キャッシュバックがいただけます。

JCBWも楽天カードも、セルフバックがあり、比べてみました。

JCBW・・・新規発行で6585円キャッシュバック

楽天カード・・・新規契約で953円キャッシュバック

セルフバックだけでみるとJCBWがお得です。

まとめ…どちらを選ぶ?

他にも色々と検討する材料はあると思いますが、とりあえず私が重要視しているのが今回書いてきた部分です。

電気代、携帯代、各種保険など、必ず支払わなくてはいけないものがあります。

どうせ支払わなくてはいけないのなら、少しでもお得にしていきたい。

すこしでもポイントが多くつくもの、貯まったポイントを有効に使えるもので選びました。

わたしが選んだのはJCBWカードです!

ただ、このJCBWカードには年齢制限があります。

39歳以下でないと新規登録出来ないのです。ただ、カードを作っていれば、39歳を越えてもカードは使用できます。

f:id:km19821016:20181017200742g:plain

楽天カードにも良いところは沢山あります。

しかし、今まで使用してきて貯まっていたokidokiポイントもあり、ネットでの評判も良い。

そして一番の決めてになったのが今後Tポイントでの投資が可能となることです。

節約・お得情報から投資へ進むことが出来ればこの、頑張るお父さん介護士のサイト万々歳じゃないでしょうか。

皆さんも一度クレジットカードの見直しをしてみるのも良いかもしれません。

にほんブログ村 介護ブログへ