頑張るお父さん介護士のサイト

少ない給料の介護士がお得な情報を実践して家族を養っていきます。お得情報募集中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

介護業界の外国人労働者の受け入れについて

最近、国会で移民について討論がされているようですが、今回は介護業界での外国人労働者に関して私が思うことを書いていきたいと思います。

f:id:km19821016:20181107092350j:plain:w300

人手不足が外国人労働者を求めてる

介護業界は慢性的な人手不足です。

なぜ、人手不足になるかというと、一番は仕事内容のきつさがあげられます。

ここをあまり理解してもらえないのでキツイところです。

介護の仕事は誰でも出来ると言われがちですが、私はそうは思いません。

ただ、誰でも大体介護の業界には入れます。

特別、介護の資格を持っていなくても入れます。

それぐらい、慢性的にこの業界は人手不足となっているのです。

よって色々な年齢、職歴の方が介護業界には入ってきます。

しかし、働くとなると中々、キツイ。どの仕事にも同じことが言えると思いますが、慣れるまでが大変です。

多くの方が仕事に慣れるまでに仕事の大変さを痛感し退職してしまいます。

介護の業界の離職理由、一位は人間関係となっていますが、多くの方が人間関係を築く前に退職していっているのではないかと思います。

話が長くなってしまうので、日本人が介護業界に定着しない話はまた今度ということにしておいて、要するにこの業界はいつも人手不足ということがあげられます。

日本人が定着しないので、国、企業、法人は外国人労働者を求めているのではないかと思います。

介護業界の外国人労働者

介護業界に来られる外国人労働者はアジアの方がほとんどだと思います。

で、日本の介護業界に来る方は本国で大変優秀な方がこられます。

本国では看護師をしている方だったりします。

日本で働くということは、言葉も文字も違います。その中で介護の仕事。利用者とコミュニケーションもとらなくてはいけません。

大変なことです。

外国人労働者の定住はある?

外国人労働者は資格取得を目指して日本に来られています。

資格取得に関しては期限も設けられていて、取得出来なければ本国に帰らなくてはいけません。

以前より、期限も延長されたりしているようですが、難しいことには変わりません。

資格が取得できれば 日本で働き続けることが出来ます。

そこで思うのが、資格を取得して定住しますか?ってこと。

介護業界の給料は残念ながら低いです↘

ただ、日本の物価は他のアジアの国に比べて格段に高いです。

日本では安い賃金でも本国では何倍にもなります。

要するに出稼ぎです。

永住出来たとして、ずっと安い給料で働くことが出来るでしょうか?

私たち日本人でも介護士一人の給料では家族を養っていくことは大変なことなのに…

本国で優秀な人たちが、わざわざ日本で安い給料で働き続けるでしょうか?

実際に以前勤めていた施設の方に聞くと、外国人労働者の方が資格を取得したとしても、結婚して本国に戻る方も多いそうです。

ある程度の貯金が出来れば本国に戻る方も多いようです。

(あくまで聞いた話ですが…)

まとめ

今回は私個人の考え、思ったことを書かせていただきました。

まず、外国人労働者の定住を目指すのではなく、日本人の介護離職を防ぐような対策をとってもらいたいのが心情です。

日本人が働いてくれないから外国人労働者をっていうのは間違っています。

外国人労働者だから今のままでいいか。ではありません!

日本人も働きやすい、外国人労働者も働きやすいそんな介護業界になっていただきたいものです。

にほんブログ村 介護ブログへ