頑張るお父さん介護士のサイト

少ない給料の介護士がお得な情報を実践して家族を養っていきます。お得情報募集中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ふるさと納税をはじめる

今回はふるさと納税について書いていきます。

ネットで色々調べていると、どうやらふるさと納税がお得らしい…

何年か前にニュースでも話題になって、返礼品が過剰になりすぎているとか言われていましたが 今は落ち着いてきたようです。

それでもお得には変わり無いようなので私自身もふるさと納税を去年から始めました。

そこで気付いたのですが周りでふるさと納税をしている人って意外といないです。

話を聞いていると、面倒くさそうとか、よく分からないと言われる方が多いですね。

出来るだけ分かりやすく、お得感を伝えれたらと思います。

ふるさと納税の仕組み

納税と聞くと良いイメージを持つ人は少ないと思います。

ただお金を払わなくてはいけないという感じがしますね。

ふるさと納税は、簡単に言うと

住んでいる地域に支払うはずだった税金を他の地域に支払って、尚且つお礼の品まで頂いちゃおうってことです。

そしてふるさと納税をすることで引き落としされている税金が減額されます

なぜなら、支払わなくてはいけない税金を既に他の地域に納税しているからです。

ただ、減額されると言っても、決まりごとで二千円だけは自己負担となってしまいます。

二千円が自己負担となると

例えば一万円ふるさと納税を行ったとしましょう。税金が減額されるのは一万円から二千円を差 し引いた八千円が減額対象となります。

これだけ聞くとただ、ふるさと納税をすることで税金が二千円上がるだけのようですが納税をした地域から返礼品をいただけます。

返礼品は各地域によって種類も様々でどんなもがあるか一度見てみるだけでもふるさと納税をしてみたくなりますよ。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットを書いていきます。

税金が減額されるけど、二千円は自己負担。手続きも面倒くさそう。

そんな感じがまだまだしますね。

メリット①返礼品が多種多様

前述したようにふるさと納税を行うと返礼品をいただけます。

その返礼品がまず素晴らしい!

納税する金額で返礼品は変わっていきますが、個人的には食べ物が良いですね。普段買わないような高級な肉でも良いし、お米とかも良い。

食べ物だけでなくホントに色々な物があります。好みに合うものは必ずあります。

自己負担の二千円でこれらの物を買うっていうイメージです。

なかなか二千円じゃあ買えないようなものが多いです。だからそれだけでもかなりお得なかんじです。

ちなみに私が前回おこなったふるさと納税は返礼品が四ヶ月間、毎月何かが送られてくるといった定期便でした。

通販みたいなかんじで来るのが楽しみでしたよ。

メリット②簡単な手続きで👌

手続きは簡単!

基本的にインターネットでできます。

ふるさと納税をしたい地域を選んで、お金を支払う。これだけ。

支払いもクレジットカードでの支払いでオッケーなので、ほんとに通販をしているようなかんじです。

ただ、減税をしてもらわなければいけません。税金関係の話になると、確定申告とか面倒な手続きが…と思われるかもしれません。

しかし、ふるさと納税は、そんな面倒くさそうな手続きを納税をした地域が代わりに行ってくれます。

そのために、納税した地域に書類を出さなくてはいけませんが。

書類と言っても返信用封筒が送られてくるので、それに自分のマイナンバーカードと免許証の(多分…)コピーを添付してポストに入れるだけ。

コピーも今後何回もするようならまとめて何枚かコピーしておけば良いですし。

メリット③納税出来るのは一ヶ所だけじゃない!

納税出来る地域は最大五ヶ所!

一ヶ所しか出来ないわけではないので色々な返礼品が選べます。

五ヶ所までは簡単な手続きでふるさと納税ができます。

また、時期も別に決まっていません。いつでも出来るし、ネットなので時間も気にしなくて良いです。

また、自己負担は何ヵ所しても二千円です。

例えば三ヶ所に一万円ずつ納税しても自己負担は二千円。減税対象は三万円から二千円引いた額が減税されます。

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税は良いところばかりではありません。私が感じたよくないことも書いておかないといけません。

デメリット①所得によってお得な納税金額が違う…

ふるさと納税ができる金額が自分の所得によって違います。

所得が高い人程多くの金額をふるさと納税することができます。

結局お金持ちの人がより特をするシステムなんですよね。

返礼品も納める金額によってもちろん変わってきます。納税額が高額な人ほどそれに見合った返礼品が頂けます。

高額な返礼品として電化製品がありますが、電化製品をいただこうと思ったらかなりの金額を納税しなくてはいけません。

自分の所得によってふるさと納税できる金額は変わります。

ふるさと納税のサイトで調べることが出来るので、始める前に調べておきましょう。

デメリット②減額は来年度から

ふるさと納税をしてもすぐに税金は減額されません!

これが結構ネックになる方が多いと思います。

減税されるのは次年度からになります。また減額も、減額対象の金額を12(一年)で割った額で毎月の減額となるので、ホントに減額されているのかなってなります。

ふるさと納税はクレジットカードとかで支払いをします、減額は次年度からです、その為、ふるさと納税をした年はかなりの負担に感じてしまいます。

まとめ

良いところ、悪いところを書いてきましたが、個人的にはふるさと納税は楽しいなと感じています。

損得勘定ばかりではなく通販感覚で楽しんでいます。

二千円で色々なものを買うっていうイメージです。

初年度はどうしても負担が増えてしまいますが、先を見据えて行うものと考えていきましょう。

私は今後も継続して行っていくつもりです。みなさんも是非興味がでれば一度ふるさと納税のサイトでどんな返礼品があるのかぐらいは見てみるのも良いかもしれません。

ふるさと納税完全ガイド2018年最新版 (洋泉社MOOK)

 

にほんブログ村 介護ブログへ